艦艇プラモ 「赤城」への道のりで悩む

公開日: : TAG:, , , , , ,

resize1187

1/350 航空母艦「赤城」

 

2015年秋から始めて、艦艇プラモデルは2つ完成させた。駆逐艦「雪風」と護衛艦「わかば」だ。そして、重巡洋艦「愛宕」製作中。これらはいずれも1/700ウォーターラインのキットだけれども、このあとには1/350フルハルの駆逐艦「島風」が控えている(所謂「艦これ」仕様なので、「艦娘」フィギュアも作らねばならない…コラボものが好きな人間の当然の結果である)。

そもそも、最初に購入した艦船プラモのキットは航空母艦「赤城」なのだ。ところが、空母プラモは結構むつかしいらしいじゃないか。艦艇どころかプラモデル作りそのものも覚束ない腕前の僕としては、小さくて簡単な駆逐艦あたりから練習しステップアップしていこうと考えるのは自然なことだと考える。

駆逐艦をやり、護衛艦(駆逐艦サイズ)もやった。今重巡組立中。順当に大きなキットに挑戦できている。そして上述のとおり、この次は駆逐艦なれども初の1/350スケールモデルにチャレンジする。時間はかかっているけれど、順調と言えば順調だ。

そしてそのあとをどうするか。「愛宕」が結構カッコいいので、このもうひとランク上の艦艇つまり戦艦にチャレンジしたい気がないでもない。個人的には、金剛型2番艦「比叡」あたりがいいと思っている。しかし一方で、そもそも空母にチャレンジしたいので、この辺でいっちょう軽空母にでもチャレンジしてもいいんじゃないかな、とも思っている。

「赤城」のキットを買ったのは、2015年の夏だ。もう半年以上放置している。今製作中の「愛宕」は、たぶんあと最低でもひと月以上はかかるだろう。そのあとには色々と未知の領域である「島風」が待っている。連装砲ちゃんも作らなくてはならない。さらにそのあとに艦艇プラモのお製作を挟んだら、いつ「赤城」に辿りつけるんだ?ということになる。

いや、サッサと「赤城」に取り掛かればいいじゃん!とも思う。けれど、まーだ空母の細かい構造物にチャレンジする自信がないんだよね。せめて、「鳳翔」や「龍驤」など小型の空母あたりに触っておきたいと思うのは、自分でも無理からぬことだと思っている。やっぱり、駆逐艦や巡洋艦とは勝手が違うと思うんだ。

気分的には、正直戦艦を作ってみたい気がする。上で「比叡」がいいと書いたけれど、小学生の頃に挫折した記憶のある「大和」の最終型でもいいかな、とも。しかしステップ的には、軽空母をやってみるのもいいんじゃないかと。ちなみに軽空母であれば、好み的には「瑞鳳」最終型(迷彩塗装のやつ)か「龍鳳」のこれまた最終版。この辺のものを何とか作ることができたら、「赤城」に行ってもそんなに大きな苦労はしないと思うんだ。自信もそれなりにつくと思うし。

というわけで、気分にしたがって1回戦艦を作ってみるか、軽空母にチャレンジしてみるか、はたまたぶっつけで「島風」のあとにいきなり「赤城」に飛ぶか…ここのところ、非常に悩んでいるのでありましたとさ。

関連記事

ペーパーヤスリを固定する道具が欲しい

 プラモデル作りをガッツリと始めて、1年ちょっとが経過した。それなりに道具も揃え、今近々に

記事を読む

日本海軍 駆逐艦の変遷メモ

級名艦種艦名雷型水雷艇(駆逐艇)→軍艦(駆逐艦)→駆逐艦→三等駆逐艦雷、電、曙、漣、朧、霓東雲型駆逐

記事を読む

ヘッダー画像を変えてみた(PC版) ~僕と一式陸上攻撃機

 ほんの気まぐれなんだけども。このブログを’プラモデル製作徒然日記’的なものにしていくこと

記事を読む

そうだ、ペーパーがけの勉強をしよう。

 以前、画像のようなものを買った。ハンディルーターと同じ要領でヤスリを当てることのできるア

記事を読む

艦船プラモチャレンジはいい練習に

 僕は自分で言うのもアレだけど、手先が大変ぶきっちょである。自分でも情けなく思うくらいに酷

記事を読む

amazonで延べ145品目、約17万円投資していることが判明(2015年12月時点)

 僕が初めてamazonでお買い物をしたのは、5年ほど前だ。プラモ関連以外だったら、月に1

記事を読む

旅客機胴体表面処理メモ

 現在、僕は旅客機プラモの胴体表面処理で躓いている。いくら丹念に(素人なりに)ペーパーがけ

記事を読む

日本海軍 戦艦(富士型以降)の変遷メモ

艦級艦種艦名富士型前弩級戦艦富士、八島敷島型戦艦敷島、朝日、初瀬、三笠香取型準弩級戦艦香取、鹿島薩摩

記事を読む

no image

艦艇プラモデル エッチングパーツ導入メモ その2

手元にある艦船プラモデルのうち、まずは陽炎型駆逐艦「雪風」から手をつけることにした。 前に艦船プラモ

記事を読む

実はちょっと興味が失せつつある件

 昨2015年に比べると、今年度のプラモ製作ペースは極めて鈍い。どうやら、早くも興味が失せ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近ちっともプラモデルに触れる時間がない件。

  いや参った。 せっかくプラモデル作りを存分にでき

プラモを完成させる快感を忘れつつあった。

帝国海軍「伊号第58潜水艦(伊58)」 近頃、提督になってみ

実はちょっと興味が失せつつある件

 昨2015年に比べると、今年度のプラモ製作ペースは極めて鈍

艦船プラモ製作手順メモ

 現在、僕はまだ艦船プラモの製作スタイルを確立していない。い

クリアーについて

 近々、所謂「研ぎ出し」の練習をしようと思っている。思えば今

PAGE TOP ↑